女性特有の病気の保険は必要?

JUGEMテーマ:マネー:生命保険:幸せなお金と時間の使い方
 
女性特有の病気の保険といっても色々種類があり、例えば以下のようなものがあります。
 
「女性特有の病気での入院や手術は日額が2倍です」
 
こういった保険をCMで見たことがある方も多いのではないでしょうか。
 
さて、女性特有の病気に備える保険の前に「普通の保険」についてひとつお話したいことがあります。
 
ここでいう「普通の保険」とは「女性特有の病気に〜」などと、特に何も謳っていない保険のことです。
 
「普通の保険」では「女性特有の病気」には備えられないと思いますか?
 
実は、一般的には普通の保険でも「女性特有の病気」に備えられます。
 
普通の保険が「女性特有の病気」に対応していないわけではないのです。
 
つまり「普通の保険」と「女性特有の保険」の違いは、女性特有の病気において保険金額の上乗せがあるかないかの違いです。
 
これを聞くと「女性特有の保険」にあえて入る必要があるのかな?と思いますよね。
 
私もそう思ったので「女性特有の保険」ではなく「普通の保険」に入っています。
 
ちなみに、保険料はもちろん「普通の保険」よりも「女性特有の保険」の方が高いです。
 
では反対にどんな人に「女性特有の保険」がおすすめかといいますと、下記のような場合です。
 
あなたが今、AとBの2種類の医療保険のどちらに加入するか検討しているとします。
 
【普通の保険Aプラン】
入院日額10000円
保険料月額8000円
 
【普通の保険Bプラン】
入院日額5000円
保険料月額4000円
 
「本当はAプランに入って、日額10000円なら安心できるけど保険料が高いなあ。
それに比べてBプランは保険料が半額なのは嬉しいけど、日額5000円では心配なんだよね。」
 
このように、あなたは入院日額を優先するか保険料月額を優先するかで悩んでいます。
 
そこで新たな選択肢として次の2種類の候補が出てきます。
 
【普通の保険Cプラン】
入院日額7500円
保険料月額6000円
 
【女性特有の保険B'プラン】
入院日額5000円
女性特有の病気の入院日額10000円
保険料月額4500円
 
単純にAプランとBプランの間をとったものが【普通の保険Cプラン】です。
 
そしてBプランの女性特有バージョンが【女性特有の保険B'プラン】です。
 
「保険料はできる限り抑えたいけど、どんな病気の場合でもできる限りの日額がほしいなあ。」
 
このように感じる方は、ここで【普通の保険Cプラン】を選べば良いと思います。
 
「保険料はできる限り抑えたいけど、せめて女性特有の病気の場合だけでも倍の10000円の日額がほしいなあ。」
 
このように感じる方は、ここで【女性特有の保険B'プラン】を選べば良いと思います。
 
ここまでの流れでお気付きの方もいらっしゃると思いますが、女性特有の保険は内容を見てみるとそんなに積極的に選ぶものでもないんですよ。
 
「手厚く備えたいから【女性特有の保険】に入る!」
 
と思っていた方は【普通の保険Aプラン】の方が良いです。
 
なぜならば、女性特有の病気かどうかを問わず日額10000円なので、名前は「普通の保険」でもこちらの方が断然手厚いといえます。
 
今回は女性特有の保険について書きましたが、これは女性の保険に限ったことではなく、医療保険のオプションにも同じことがいえます。
 
例えば「生活習慣病で入院した場合は日額が倍になります」といったオプションです。
 
これも今日の記事の「女性特有」の部分を「生活習慣病」に置き換えて読んでいただければ、同じことがいえるとお分かりいただけるかと思います。
 
ちなみに、私は今日の例えで出てきた4つのプランの【普通の保険Bプラン】を契約しています。
 
少しでもお役に立てれば幸いです。
 
人気ブログランキング
にほんブログ村
 
 

コメント