妊娠前にやっておけばよかったこと4選

JUGEMテーマ:双子のパパ・ママ集まれ〜
JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方
 
こんばんは、サー子です。
 
Twitterでは度々呟いていたのですが、実は双子を妊娠し、今日で7週に入りました。
 
平成最後の日、平成31年4月30日に無事心拍確認でき、ほっとしています。
 
究極の面倒くさがりな私が一度に2人出産できるように2人揃ってお腹に来てくれたのかと思うと、なんて親孝行なの!と、この奇跡に感激しています。(笑)
 
とは言え、一般的に多胎妊娠は異常妊娠でありハイリスクだそうなので不安もあります。
(人間の場合もともと1人を妊娠する体のつくりなので、多胎妊娠はそういう意味で異常妊娠とのことです。)
 
これからはせっかくの貴重な経験である双子妊娠に関することもブログに書いていきたいなと思い、新しいカテゴリも作りました。
 
今後私自身が妊婦生活にまつわるお金の制度や、妊婦ならではの買い物などうまくやりくりしないといけない場面に直面することが多々あると思うので、自分の体調を見ながら書いていきたいと思います。
 
というのもTwitterで泣き言を呟きまくっている通り、とにかくつわりが辛いんです。
 
今はラッキーなことに10連休真っ只中で家に引きこもっていられますが、もしこれが平日だったら何度会社を休んでいたことでしょう。
 
飲まず食わず改め、飲めず食えずで常に吐き気と吐くことばかりです。(泣)
 
4月23日の5週4日の時点から症状が出始め今日に至ります。
 
こんな短期間のつわり人生ではありますが
「妊娠初期からこんなに辛いなら妊娠前にやっておけばよかった」
と思ったことを今日は書きます。
 
ちなみに、私のパートナーは年がら年中ずーっと長期出張でほとんど帰って来られないので、ワンオペ育児ならぬワンオペ妊婦さん(?)が読むと参考になるかもしれません。
 
 
【1】食洗機を買っておけばよかった。
一番はこれです。
私の場合、自分が食べたあとの食器を見るだけで吐きます。
やっとの思いで少量食べたものなのに。
今後もちろん買う予定はあるものの、寸法や機能や工事など、そんなことに頭が回らないほど今は体調が悪いです。
機種にあれこれ迷ってないで妊娠前にさっさと買っておくべきでした。
とりあえず今は紙皿で凌いでいます。
後々ワンオペ双子育児が始まることを考えると、これは絶対になくてはならないと思っています。
 
【2】1階を寝室にすればよかった。
我が家は2階が寝室です。
しかしとにかく吐き気が半端じゃないので、少しでも生活範囲を狭める為に布団を1階にも置いておくべきだったと後悔しています。
そうすればトイレもお風呂も近くて気楽に吐ける気がします。
今は自分で布団を1階におろす力も運ぶ力もないので彼が帰って来たらおろしてもらおうと思っています。
 
【3】入院準備をしておけばよかった。
妊娠初期からこんなに辛いとわかっていたら入院準備してましたよ。
つわりは個人差があると言いますが、自分が酷い方に入るかもしれないと思っておいた方が安心です。
私は産婦人科の先生から
「双子のつわりは酷くなることが多いんだよ。この調子だと近々入院になるかもしれないけど、食べられるものだけでいいから少しでも食べるようにしてね。」
と言われていますが、彼は帰って来られず、実家は遠くて無理、となると誰かに入院準備を頼んだり、後から病院に持ってきてもらうことができません。
体調が悪かろうが吐こうがどうにかして自分で準備するしかないのです。
 
【4】缶詰など非常食をもっと準備しておけばよかった。
つわり中はスーパーに入ることすらできなくなります。
食品売り場の匂いや食品が並んでいるのが目に入るだけで容赦なく吐き気が襲ってきます。
こんな時のために、冷たいまま食べられ日持ちする缶詰のような食品を用意しておくことは大事だと思いました。
「冷たいまま食べられ日持ちする」というところが重要です。
食べ物を温める蒸気だけで吐くからです。
私の場合、茹でたり炒めたりだけでなく電子レンジも使えなくなったので、冷凍食品に頼るにしても自然解凍OKの商品しか買えません。
温かい食べ物が何でもだめかと言えばそうではありませんが、冷たいものの方が食べやすい場合が多いのは事実です。
缶詰は先日ドラッグストアで買い揃えることができ、ちなみにコーンとツナを買いました。
 
 
私が妊娠前にやっておけばよかったと思ったのは大体この4つです。
 
彼が夏に帰宅し次第すべて整えていこうと思っています。
 
さて、これから新しく双子ママさんや妊婦さんにもこのブログを読んでもらえたら嬉しいです。
 
今まで読んでくださっていた方も今後ともよろしくお願いします^ ^
 
人気ブログランキング
 
にほんブログ村
 
 

コメント