改悪!?メルカリ売上金の振込申請期限

JUGEMテーマ:貯金 マネー 幸せなお金と時間の使い方
 
今日メルカリアプリを開いてみると、メルカリ事務局からのニュース一覧に
「本人情報登録のお願いならびに売上金のご利用に関する変更について」
という気になるニュースが2017年11月14日11:00に届いていました。
 
【1】初出品時の本人情報登録のお願い
【2】売上金のご利用方法の変更
【3】売上金の振込申請期限の変更
 
上記3点について書かれていました。
 
実施時期は2017年12月上旬を予定しているとのことです。
 
もうすぐですね。
 
私がこれは場合によってはかなりの改悪だ!と感じたのは【3】です。
 
メルカリで購入はせず時々安く出品して、売上金が1万円を超えて振込手数料がかからなくなった時点で振込申請している方にとっては間違いなく改悪と言えるのではないかと思います。
 
一応【1】【2】についても簡単に書きますね。
 
【1】売上金の振込申請期限の変更
出品の際は売上金受取口座と同じ住所、氏名、生年月日を登録してくださいね(初回のみ)。
そうでないと振込申請はできませんよ。
もし家族名義の口座を使用する場合や、婚姻で姓が変わった場合はメルカリ事務局にお問い合わせください。
 
【2】売上金のご利用方法の変更
今までは売上金でそのまま商品を購入できましたが、これからはそれができなくなります。
売上金で購入したい場合まずメルカリポイントを購入し、そのポイントで商品を購入してください。
 
 
【1】【2】は「はい、わかりました。」で済みました。
 
 
しかし【3】!!
 
こちらはニュースをそのまま抜粋しますね。
 
〜〜〜〜〜
3) 売上金の振込申請期限の変更
売上金の振込申請期限が90日に変更となります。これまで通り振込申請期限までに振込申請を行うか、ポイントを購入していただくようお願いいたします。
※期限の変更が実施された日以降に得られた売上金に対して、新しい期限が適応されます。(変更日以前にお持ちの売上金の振込申請期限は、もともとの日付から変更はされません)
※振込申請期限までに売上金のご利用がなかった場合、登録いただいた銀行口座に自動的に振込を行ないます。銀行口座の登録がなかった場合など、万一売上金が失効してしまった場合には事務局までお問い合わせください。
〜〜〜〜〜
 
さて、なぜこれが場合によってはかなりの改悪だ!と感じたかと言いますと「振込手数料」が関係しています。
 
現行の制度では、売上金を振込申請する場合に1万円以上の振込金額であれば振込手数料が無料で、1万円以下の振込金額であれば210円の振込手数料がかかります。
 
つまり現行の制度では、1万円振込申請すれば1万円まるっと手元に入ってきますが、9999円振込申請すると手元に入る金額は9789円になってしまいます。
 
しかし振込申請期限が1年間ということは、年間1万円以上の売上金があれば振込手数料がかからないので振込手数料を支払う可能性は低いですよね。
 
ところが新制度では振込申請期限が90日間です。
 
もし「1万円以上の振込申請で手数料が無料」の部分が現行制度のまま適用されるとなれば、90日経過分の売上金が1万円以下である度に振込手数料210円がかかって自動で振り込まれることになります。
 
最大で年間840円も振込手数料を引かれる可能性が出てきますね。
 
振込手数料って馬鹿にならないですよね。
 
私は普段から銀行のATM手数料を払わずに済むようにお金を引き出しているので、このニュースが気になっています。
 
90日間で毎回売上金が1万円以上になる方には特に問題にはならないところかと思いますが、少数もしくは低額出品している方には痛いニュースかと思います。
 
メルカリ事務局の正式な発表を待つのみです。
人気ブログランキング
にほんブログ村
 

コメント