料理嫌いだった私が料理を好きになった方法

JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方:節約&エコグッズ:料理:貯金
 
こんばんは、サー子です。
 
今年もあっという間に12月ですね。
 
先日、煮た玉ねぎを使い回して1週間ズボラ飯を食べていると書きました。
 
実はここ数ヶ月の間に私は自炊に目覚めたんです。
 
いい歳して今さらかよ!
というつっこみが聞こえてきそうですねw
 
平日のランチは全て外食ですが、夕食は毎日自炊しています。
 
これまで料理はどちらかといえば嫌いでしたが、煮た玉ねぎを如何に使い回すかという一人ゲームに浸り、前よりも料理が好きになりました。
 
最近は寒いので専ら鍋です。
 
初日にしょうゆ味系の鍋を作り、飽きたら安いトマト缶を入れてトマト鍋にし、飽きたら一部はパスタソースにし、一部はカレーにし、残りはシチューにし、シチューに飽きたらチーズをのせて焼いてグラタンにし、グラタンに飽きたらじゃがいもを足してパン粉をかけて焼いてコロッケにしています。
 
リメイクの度に野菜を継ぎ足しています。
 
節約や貯金についての考え方と同様に、私はやはりゲーム性を取り入れれば楽しめると改めて気づきました。
 
作った料理をリメイクしていくのもゲーム性。
 
「何品作れるかゲーム」だと思っています。
 
他にもゲーム性を取り入れています。
 
外食より安上がりゲーム
スーパーの半額お惣菜より安上がりゲーム
安上がりだけど栄養があるゲーム
安くて美味しそうな食材を買うゲーム
 
一人暮らしなら自炊よりスーパーの半額お惣菜の方が安上がりになることも多いとよく聞きますよね。
 
それを乗り越えて「自炊で安く栄養もとる節約ゲーム」です。
 
仕事帰りに安いスーパーで半額の魚や安い野菜や肉を買うことにはまっています。
 
野菜は半分や4分の1のカット野菜ではなくまるごと買うことが多いです。
 
その方が割安ですし、買った日に一気に切ったり分けたりという下ごしらえができるので面倒くさくなくて私には合っていることに気づきました。
 
色んな切り方で切ったものを冷凍しておくとかなり楽に自炊できるんですね〜。
 
と、ドヤ顔で言っている30代サー子、この歳になるまでそんなことも知りませんでしたw
 
私のように、料理したいけど面倒くさがりな方はゲーム性を取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
2018年、料理の楽しさを知ることができて成長したなあと自分を褒めちぎりたいと思います。
 
来年も新しいことを知っていく年にしたいです。
 
今年最後かのような終わり方ですが、また不定期に気が向いたら更新します^ ^
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
人気ブログランキング
 
にほんブログ村
 
 

コメント