産前産後期間の国民年金保険料が免除になる新制度を利用しよう

JUGEMテーマ:年金:妊娠・出産・育児準備:幸せなお金と時間の使い方:節約&エコグッズ:貯金:マネー
 
こんばんは、サー子です。
 
今日は、平成31年4月からひそかに施行されている新制度、産前産後期間の国民年金保険料免除について書きます。
 
この制度は全ての妊婦さんに適用されるわけではなく、かくいう私も残念ながら適用外なのですが、絶対に知らなきゃ損!な話です。
 
これから子供が生まれるとなれば、あれこれと準備にお金がかかってきますし、個人的には国民年金保険料なんかぶっちゃけ払わずに済むなら払いたくないものなので、もし私が免除の対象者だったら即座に申請しますよ。(笑)
 
いくら面倒くさがりでもこういう時は即行動に移すんですよ私。(笑)
 
対象者や免除期間についても書きますので、興味のある方はぜひ先にお進みください。
 
まずは免除となる対象者は、
「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方。
とあります。
 
日本年金機構の公式ホームページでは、国民年金第1号被保険者については以下のように説明がありました。
 
日本国内にお住まいの20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業者、学生および無職の方とその配偶者の方(厚生年金保険や共済組合等に加入しておらず、第3号被保険者でない方)。
 
続いて、免除期間については以下の説明がありました。
 
出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間(以外「産前産後期間」といいます。)の国民年金保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。
※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。
(死産、流産、早産された方を含みます。)
 
続いて、届出時期と届出先は以下の説明がありました。
 
お住まいの市(区)役所または町村役場の国民年金担当窓口に届出。
出産予定日の6か月前から届出可能ですので、速やかに届出ください。
※ただし、届出ができるのは平成31年4月からです。
 
良い制度ができましたね!
 
国民年金第1号被保険者の方は、せっかくのこの制度を絶対に利用するべきです!
 
2019年度の国民年金保険料は1か月あたり17,000円ですよ?
 
これが4か月免除ということは、68,000円ですよ?
 
双子や三つ子など多胎なら6か月免除でなんと102,000円!
 
この制度を知っているか知らないかでこんなに節約できるのは大きいですよ!
 
これこそ効果的に「つもり貯金」ができますよね!
 
「国民年金保険料を払ったつもりで貯金」というわけです。
 
さて、当たり前のことを書きますが、これは未納ではなく免除ですので、この免除期間は国民年金保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。
 
さらに朗報があります。
既に国民年金保険料を前納している場合も、産前産後期間の保険料は還付されるそうですよ!
 
既に支払っていても戻ってくるなんてありがたいです!
 
国民年金第1号被保険者で平成31年2月以降に出産した方、そしてこれから出産される方は、絶対にこの制度を利用して恩恵を受けてくださいね!
 
余談ですが、私がこの新制度を知ったきっかけは、妊婦検診に通っている産婦人科の待合室に置いてあったチラシでした。
 
こういうところにも気づくか気づかないかだけの違いでお得な情報が転がっているものなんですね。
 
他にも、私がもし妊婦になっていなければ知らなかったであろうことがまだまだ世の中にはゴロゴロ転がっていると思うので、今後もアンテナを張って過ごしていけたらと思っています。
 
少しでもお役に立てれば幸いです^ ^
 
人気ブログランキング
 
にほんブログ村
 
 

コメント