今の保険料を安くするたった3つの方法

  • 2017.12.10 Sunday
  • 13:57

JUGEMテーマ:マネー貯金生命保険幸せなお金と時間の使い方

 

その答えは「見直しをする」ではありません。

 

今日は「見直し」ではなく、今ベストな保険に加入していることを前提にその保険料を安くする方法を書きます。

 

今現在加入している民間の生命保険の保障内容を変えずに保険料を安くする方法はこの3つしかありません。

(もし他にご存知でしたらぜひ教えてください!)

 

【1】現在月払なら年払に変更する

(保険料自体が割安になります)

 

【2】現在口座引落しならクレジットカード払にする

(ポイント還元率の高いカードほどポイント分の実質保険料がお得になります)

 

【3】現在口座引落しなら給与天引きにする

(保険料自体が割安になります)

 

 

【2】と【3】は払い方の違いなので併用できません。

 

では【2】と【3】のどちらを選ぶべきか。

 

【2】でポイントがどれくらいつくか

【3】でどれくらい割り引かれるか

 

これを比較して決めるのが一番です。

 

【1】と【2】は併用できます。

 

注意点は2点。

 

・そもそもクレジットカード払に対応している保険かどうか確認する。

プランによってクレジットカードで払えるものとそうでないものもありますので保険会社に確認しましょう。

 

・クレジットカードの利用限度額を超えないかどうか確認する。

引き落とせずせっかくのポイントが付かなくなっては意味がなくなってしまいますので気をつけたいところです。

 

【1】と【3】も併用できます。

 

注意点は2点。

 

・勤務先と保険会社の組み合わせによってはできない場合もありますので、勤務先ではなく加入中の保険会社に確認しましょう。

 

・勤務先の雇用形態によってはできない場合もありますので、勤務先に確認しましょう。

 

 

私は【1】と【2】を併用しており、今現在は保険での貯蓄に一番重きを置いているので、この方法で年間3万数千円分のポイントを受け取っており、実質保険料を安くすることができています。

 

還元率の高いクレジットカードを使えば、大抵の場合は給与天引きよりもお得になるのではないかと思います^ ^

 

今回のような契約の変更手続きは面倒な作業ではありますが、一度済ませてしまえばあとは努力なしで自動的に節約できることなので結果的にストレスフリーです。

 

ぜひ一度ご自身の保険証券を確認してみることをおすすめします^ ^


人気ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

今売れているお金の本

愛用中のおすすめクレジットカード

selected entries

categories

archives

recommend

株主優待ハンドブック 2017-2018年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ]
株主優待ハンドブック 2017-2018年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ] (JUGEMレビュー »)
毎年購入しています♪株主優待が網羅されていて大好きな本です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM